Category: レビュー

Home / レビュー
Post

ブラックジャック映画の傑作を観て楽しもう

『レインマン』 は心理学的題材を扱ったアメリカ映画です。対照的な3人の人物が描かれています。恋人のスザンナとともにシンシナティに来たチャーリー・バビットは、存在を知らなかった兄、レイモンドに父親が遺産として300万ドルを譲ったことを知ります。チャーリーに残された遺産はわずかで、チャーリーは兄が入所している精神病院に向かいます。しばらくしてから、兄弟はラスベガスに向かって旅をします。これは「絶対観たい おすすめのブラックジャック映画」で、ブラックジャックとカードカウンティングが絡んできます。『レインマン』は家族、野心、そしてもちろんカードカウンティングの要素もある、魅力的な作品です。どんな結末が待っているか、ぜひ本作をご鑑賞ください。 The Last Casino(2004年) 『The Last Casino』は通常、大ヒット作『ラスベガスをぶっつぶせ』の先駆的作品とされています。それも当然で両作品の構想の根となる部分は同じです。『The Last Casino』はカードカウンティングでブラックジャックを攻略する数学教授、Doug Barnesを中心に物語が展開します。カジノの警備責任者のウィルソンはある日、Dougをカメラでとらえ、カジノへの立ち入りを禁止します。Dougは金貸しのOrrと状況を相談し、カードカウンティングを行う者を選抜することを決めます。そして、優秀な教え子の中から3人を選び出し、彼の戦術にはほとんどリスクが無いことを説いて彼らを説得し、カードカウンティングの技法を教えます。Dougはチームのメンバー全員に新しい身分証を与え、メンバーたちはほどなく、富と賭け事に囲まれた新世界に足を踏み入れることになります。 ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年) 『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』は間違いなく、アメリカの大ヒットコメディ映画です。悪友4人組がバチェラー・パーティーのためにラスベガスに向かいます。そのうちの3人は同じ寝室で目覚めますが、昨夜の記憶がなく、周囲は手の付けられない状況になっています。なんとかできることを探ろうとして、やっと花婿のダグがいないことに気付きます。おすすめのブラックジャック映画になぜ二日酔い作品が出てくるのでしょう。その理由は本作品中のあるシーンにあります。アラン、スチュ、フィルの3人はアジア系ギャングのチャウにダグの身代金として8万ドルの現金を用意するようにと脅されます。ここで、アランはブラックジャックの必勝法について書かれた本を読んで学んだ戦術で金を稼ぐことを提案します。そして、彼はカードカウンティングの技法でブラックジャックで勝利を収めます。 『ザ・ギャンブラー 熱い賭け』(2014年)『ザ・ギャンブラー 熱い賭け』は文学の講師であるジム・ベネットが主人公の物語です。「絶対観たい おすすめのブラックジャック映画」。ジムは金を借りた相手に、7日以内に借金を返済しろと最後通告されます。完済のためにジムが選んだ手段は裏カジノでルーレットとブラックジャックをプレイすることでした。ジムは多少のブラックジャックの才能があるようで、それを楽しんでもいますが、すべてをルーレットの一枠に賭けることを選びます。彼は何かを選ぶたびに一層の困難に直面し、追い込まれていきます。