ブラックジャックは最も有名で長い歴史を持つカジノゲームの1つです。ルールがシンプルで、さらに勝てる見込みが高いことから、多くのファンを魅了してきました。この代表的なゲームが多くの有名映画に登場するのも、世界中のほとんどのランドカジノでプレイできるのも不思議ではありません。おすすめしたいブラックジャック映画はまだまだあります。ぜひ、ご覧ください。

『スウィンガーズ』 1996年

『スウィンガーズ』は1996年公開のアメリカ映画で、スウィング・ジャズがリバイバルしていた90年代、ハリウッドの売れない独り者の役者たちの生活を描いています。出演したヴィンス・ヴォーン、ヘザー・グレアム、ロン・リヴィングストンたちはすぐに人気に火が付き、スターダムにのし上がりました。物語は成功を夢見てロサンゼルスに向かうコメディアンの卵のマイクを中心に展開します。残念ながら、誰もが期待通りの成果を得られるわけではありません。マイクは恋人のミシェルと別れます。

「絶対観たい おすすめのブラックジャック映画」

トレントら友人たちは急遽、ラスベガス旅行を計画し、ラスベガスではいくつかの思いがけない愉快な出来事に出会います。マイクとトレントが11でダブルダウンすべきかどうかを議論する場面は、本作中のラスベガスを象徴するシーンとなっています。

 『オースティン・パワーズ』 (1997年)

 『オースティン・パワーズ』 シリーズ。物語はイギリスの諜報員のオースティン・パワーズと宿敵のドクター・イーブルが冷凍睡眠に入る1967年から始まります。両者は30年後に目覚めますが、新しい時代への適応に苦労します。

ご存知のように、この映画は面白い、爆笑シーンにあふれた作品で、特に愉快なブラックジャックのシーンを見ることができます。本作はギャンブル映画ではありませんが、『オースティン・パワーズ』ファンの多くが思い返すことのできるブラックジャックのワンシーンがあります。ナンバーツーがディーラーのアドバイスを無視してヒットする場面です。

オースティン・パワーズは対抗心を燃やし、ナンバーツーの危険な賭けにならってディーラーの忠告を無視し、5でステイします。ブラックジャックのルールを知っている人にはおわかりのとおり、オースティン・パワーズは負けます。本作を見るかどうかまだ迷っている人は、ぜひ、トレーラー映像を見てみてください。

ハーバード大学医学部に合格した有望な学生、ベン・キャンベル(ジム・スタージェス)が学費の30万ドルを支払えないことから物語は始まります。ベンは奨学金を申請しますが、競争は激しく、面接官から感嘆するようなものが必要だと言われます。 MITに戻ったベンはミッキー・ローザ教授にモンティ・ホール問題について問われ、見事解答します。ローザ教授はベンの最近の試験の成績を確認した上で、主宰しているブラックジャックの研究会にベンを招待することにします。 

「絶対観たい おすすめのブラックジャック映画」

おすすめのブラックジャック映画MITに戻ったベンはミッキー・ローザ教授にモンティ・ホール問題について問われ、見事解答します。ローザ教授はベンの最近の試験の成績を確認した上で、主宰しているブラックジャックの研究会にベンを招待することにします。この研究会はカードカウンティングと秘密の合図を用いて、勝利の確率を上げ、大金を稼いでいました。ブラックジャック研究会は毎日ラスベガスのカジノに通うようになり、ベンは生活の変化にあっさりとなじんでいきます。